国分建設は予算が厳しくても悩み無用|相談は早い方が吉

高い独自性を持つメーカー

案内

ゆったりした間取りが可能

スウェーデンハウスは他のハウスメーカーとは異なる特徴を持つハウスメーカーとして人気を集めています。そうしたスウェーデンハウスならではの特徴の一つが、間取りを組む際の最少の幅です。日本の大半のハウスメーカーの最小の幅が約45cmであるのに対して、スウェーデンハウスの場合は約60cmとなっています。ですので、日本のハウスメーカーであれば標準的な廊下の幅が約90cmとなるのですが、スウェーデンハウスの場合は約120cmが標準的な廊下の幅となるのです。そして廊下の幅に限らず、全ての間取りがこのように最少の幅が大きくなることによって、スウェーデンハウスの注文住宅は一般的にゆったりとした間取りを組みやすいという傾向があるのです。

他のメーカーにない特徴

スウェーデンハウスには他にも国内のハウスメーカーの大半が持ち合わせていないような特徴を有しています。その中でもスウェーデンハウスの注文住宅における象徴的な存在として人気を集めているのが、2014年にグッドデザイン賞を受賞している「木製サッシ3層ガラス網無し防火窓」です。この窓の特徴はデザイン性が高く、樹脂やアルミと比べても断熱性能の高い木製サッシと、同様に高い断熱性能を誇る3層ガラスを組み合わせることによってデザイン面と断熱性能という機能面の両面で高い性能を有しています。更に窓を上下に回転する形で180度回転させて開放することができますので、開放できる面積が広くなる上、外側の面を掃除する際にも外から掃除するのではなく室内から簡単に掃除ができるという機能性を有しています。更に、サッシと窓枠の間に気密パッキンを配置していますので、気密性が高まり、断熱性能や遮音性能の高い窓を実現しているのです。